MENU

第24回R&R建築再生展2019

セミナー&トークセッション

第24回R&R建築再生展2019

山田 悟史(やまだ・さとし)氏
山田 悟史 やまだ さとし
立命館大学 理工学部 建築都市デザイン学科 任期制講師
中澤 公伯(なかざわ・きみのり)氏
中澤 公伯 なかざわ きみのり
日本大学 生産工学部 創生デザイン学科 教授
長坂 俊成(ながさか・としなり)氏
長坂 俊成 ながさか としなり
立教大学大学院 21世紀社会デザイン研究科 教授
今村 創平(いまむら・そうへい)氏
今村 創平 いまむら そうへい
千葉工業大学 建築学科 教授
岩村 雅人(いわむら・まさと)氏
岩村 雅人 いわむら まさと
株式会社日本設計 プロジェクト管理部 副部長 BIM室長
稲垣 拓(いながき・たく)氏
稲垣 拓 いながき たく
itaru/taku/COL. ファウンダー

東芝エレベータは「建築ビジネスの最適化・効率化を推進 働き方を変える。東芝エレベータが変える」を
テーマに掲げ、2019年6月11日~13日に東京ビッグサイト青海展示棟で開かれた
「第24回R&R建築再生展2019」に出展しました。
建築再生展では、IoTやBIMを活用して建築業界の利便性向上と効率化を実現するサービスに関する展示を
行うとともに、12日、13日には6人の外部有識者を招いてセミナーとトークセッションを開催しました。
今回はその内容をご紹介します。


セミナー1〜3
従来の枠を越えた将来の建築像を探る

変化する社会と急速に進む技術革新に対し、建築業界はどのように対応するのか。
建築再生展2日目の6月12日、東芝エレベータは「災害時に住宅として転用可能な移動式住宅」「AIによるデザイン評価で建築設計の精度を高める試み」「BIMとVRによる歴史的建造物の活用」という3つの異なる視点から、建築の将来像についてのセミナーを開催しました。

防災と移動式木造住宅

長坂 俊成(ながさか・としなり)氏

長坂 俊成氏

立教大学大学院 21世紀社会デザイン研究科 教授

筑波大学大学院経営政策科学研究科修了(法学修士)。(独)防災科学技術研究所社会防災システム研究領域プロジェクトディレクターなどを経て現職。一般社団法人 協働プラットフォーム代表理事なども兼務。

従来、被災者に提供される応急仮設住宅は主に建設型のプレハブ仮設住宅が利用されてきました。しかし、プレハブはあくまで仮設住宅として設計されたもので、一般住宅の住環境と比較するとかなり劣ります。そこで今日は、もともと本設の住宅として設計・製造された移動式木造住宅「ムービングハウス」を被災者住宅として活用する事例をご紹介します。

このムービングハウスは、昨年7月の西日本豪雨で被災した倉敷市で、日本初の災害救助法に基づき応急仮設住宅として提供されました。その後、昨年9月に起きた北海道胆振(いぶり)東部地震の時も応急仮設住宅として提供され、現在も使われています。

公表資料によると、ムービングハウスの供給コストは倉敷の場合はプレハブの2分の1以下、北海道の場合は3分の1以下でした。また、窓ガラスは全部三重なので、光熱費はプレハブよりもかなり抑えられます。入居する被災者の健康被害の面、経済面から有効なだけでなく、行政にとっても財政的にメリットがあります。

プレハブは職人さんがいないと建てられませんが、ムービングハウスは非熟練のパートでも工場で組み立てられます。あとはトラックで運び、クレーンで吊るして下し、設置するだけです。耐用年数も100年以上といわれています。

これから是非皆さんと一緒に、ムービングハウスを全国各地で製造し、平時は宿泊研修施設などとして利用しながら災害に備える、社会的備蓄を推進しましょう。この宿泊研修施設は、宿泊者が利用しない時間帯は、子ども食堂、高齢者のサロンなどにも活用でき、第一弾として、茨城県境町に今年度中に建設することが正式に決まりました。秋には株式会社を設立し、全国展開を目指します。未来の共生型社会を支えていく地域の拠点として、官民協働で普及・社会的備蓄を推進していきたいと考えております。

デザインするAI

山田 悟史(やまだ・さとし)氏

山田 悟史氏

立命館大学 理工学部 建築都市デザイン学科 任期制講師

日本大学大学院生産工学研究科建築工学専攻博士後期課程修了。早稲田大学人間科学部助教などを経て2017年から現職。歴史都市防災研究所研究員なども兼務。

人特有の思考・行為をAIに代替させるのは困難と認識されがちです。しかし、ディープラーニング※1を用いたAIの特性を踏まえると、人との因果関係が不明瞭で曖昧なデザインにはAI活用の可能性が大いにあると考えています。近年のディープラーニングの研究成果に着想を得て、建築への応用を試みたのが僕の研究です。その根幹となるAI技術は、敵対的生成ネットワーク※2という技術です。

作成者の意図に応じた雰囲気を持つ街並みを描写できるAIの作成など、いくつも研究を手がけていますが、今回は建築物の外観に対するAIの適用可能性を検証した研究を紹介します。

この研究は、ル・コルビュジエ※3などの巨匠のデザイン・感性を再生可能な歴史的資料として保存する試みです。実際、彼の3つの代表作品を学習させたAIに描画させてみると、本物にかなり近い外観、少し違う外観を描画することができました。

こうしたAIを作成できたということはデザインを数学にできた、つまり、アイデアやデザインを組み合わせることが可能になったということです。こうしたことから、AIはデザイン発散※4の強力なパートナーになりうると考えています。加えて、デザインプロセスの研究に異化作用※5と馴質異化作用※6という言葉がありますが、人がそのような意識を持ってAIが描画したデザインを見つめることで、AIから有用な気づきを人が得られるのではと考えます。

僕は設計初期段階に投入されるAIの研究が面白いし、人特有という価値観もあり難しそうだからこそ、やりがいもありますので、現在、生成するAIと判断するAIを研究しています。研究室に在籍する大野耕太郎君と池之上慎吾君が、今回ご紹介した事例の発展に取り組んでいる最中なので、できるだけ早くその成果をまたご紹介したいです。

※1 ディープラーニング:人間の脳を模した多層のニューラルネットワークでコンピューターに学習させる機械学習の一手法。
※2 敵対的生成ネットワーク:生成器と判定器を用意し、両者を競わせるように学習させるディープラーニングの一手法。生成器が出力したイメージの正否を判定器で識別させるが、その際、生成器はなるべく判定器を欺く方向で学習し、判定器はより正確に識別できる方向で学習する。GANsと略称されることもある。
※3 ル・コルビュジエ:主にフランスで活躍した、20世紀を代表する建築家の一人。フランク・ロイド・ライト、ミース・ファン・デル・ローエとともに「近代建築の三代巨匠」と呼ばれている。代表作品として、サン・ピエール教会、ロンシャン教会、サヴォア邸があり、山田氏はこの3作品をAIに学習させた。
※4 発散:選択肢を大幅に増やすこと。
※5 異化作用:ヴィクトル・シクロフスキイは「日常的(自動化された)事物の組み合わせの中において生気を失っている事物が、新たな組み合わせの中で生気を取り戻すこと」と定義している。
※6 馴質異化作用:J・ゴードンは「見慣れたものを見慣れないものにすること」、B・ローソンは「創造性とはものごとや自分自身についての見方を変えられること」と定義している。

BIMを活用した歴史的建築物のVR化

中澤 公伯(なかざわ・きみのり)氏

中澤 公伯氏

日本大学 生産工学部 創生デザイン学科 教授

日本大学大学院生産工学研究科博士後期課程建築工学専攻修了。2009年より日本大学生産工学部創生デザイン学科勤務。関東学生景観デザインコンペティション実行委員長。

歴史的建築物は、他地域との差別化を図れるなどのメリットがあります。その反面、状態の維持・復元に多大な費用がかかるなどの問題を抱え、持て余している自治体も少なくありません。3次元スキャンとBIMを使えば、このような歴史的建築物を保存・活用できますし、さらにVR化すると、市民の方々にも知っていただけるようになります。

事例をひとつご紹介します。東京都板橋区にある加賀公園は、江戸期は前田家の屋敷、戦前は陸軍の工場、戦後は野口研究所・理化学研究所と3つも重なってあった、非常に珍しいところです。この価値を皆さんに知っていただくために、現在、VR化のプロジェクトを進めています。

公園内に現存する古い建築物には、CADデータはもちろん、図面も残っていません。そこで、まず3次元測量を実施しました。その後、ReCap※1を使って点群データを作成し、このデータをもとにBIMモデル化して、さらにVRデータにしました。

BIMモデルは、形状データの他に属性があります。さらに、パラメトリックですから、数値を変えると簡単に形を変えられます。この2つの特徴を使うことで、歴史的建築物の特徴を生かすことができます。

歴史的建築物でもうひとつ大事なのはコンバージョンです。コンバージョンが得意なBIMを導入することで、歴史的建築物の保存に役立てられるのではと考えました。BIMがコンバージョン設計にも適していることは大事なポイントだと思います。

※1 ReCap:オートデスク社が開発した3Dスキャン用のソフト。レーザースキャンしたデータをもとに3D点群データを作成し、3Dモデルを作成できる。


6月12日のセミナーが終了したのは16時45分。講演の後にご来場者との質疑応答や識者との名刺交換が行われるなど、活気に満ちたセミナーとなりました。


トークセッション1
BIM/ICT技術と防災

BIMデータをGIS(地理情報システム)などの他のICT技術と組み合わせて活用することで、
避難シミュレーション、環境シミュレーションなど、防災分野に活かすことができます。
BIM/ICT技術の防災分野における可能性について、3名の有識者の方々に議論していただきました。

中澤 公伯氏
日本大学 生産工学部 創生デザイン学科 教授

長坂 俊成氏
立教大学大学院 21世紀社会デザイン研究科 教授

山田 悟史氏
立命館大学 理工学部 建築都市デザイン学科 任期制講師

長坂:

皆さん、こんにちは。最初に、お二人の先生にそれぞれの研究紹介をしていただいて、その後にディスカッションを進めていきたいと思います。

山田:

立命館大学の山田です。僕の専門は、コンピューターを活用して建築や都市を計画する「建築情報」という分野です。授業はCADやCG、BIMを担当しています。研究では、セミナーで紹介させていただく、AI(人工知能)やVRなどの先端技術への挑戦と並行して、防災に関するシミュレーションや数理計画を使った研究も行っています。

その中のひとつに、局地的豪雨により京都の地下街に浸水が生じた際の被害予測と対策立案を避難シミュレーションにより行う研究があります。

山田 悟史(やまだ・さとし)氏

この研究では、お客さん、駅員さんなどの役割を担う「エージェント(小さなAI)」をたくさん作ることで人の動きを観測するマルチエージェントシミュレーションという技術を使いました。この際にインフラのデータも含め BIMデータを入手できれば、と強く感じました。エージェントが行動する空間の設定に使えるからです。地盤面の透水量、排水溝や排水管の性能、地下出入り口の幅やマウントアップの高さなどは被害にクリティカルです。また、地下街の駅や通路、店舗の排水能力も被害にクリティカルです。このような感度の高い設定に限らずこの種のシミュレーションでは、安易に「安全である」という結果を導かないように注意します。もちろん調査による設定を試行しますが、不確かさが強い項目は危険側に設定します。そのため、過大な被害を予測してしまうこともあります。研究としては間違いではないと思う一方で、立案した対策が実現困難な内容になることもあり、知見としてこれが有用なのか、と悩むこともあります。インフラも含めたBIMデータが、オープンとまではいかなくても、ワンストップで利用可能になれば、実行力のある研究や提案を促進できると思います。

このような思いは、ある自治体の依頼で行った津波避難計画でも感じました。大規模災害に備える津波避難ビル・外部階段・避難経路をどのように計画したら住民の平均避難時間が最短になるのか、どこにいくつ計画したら津波に巻き込まれてしまうと予測される人を0人にできるのか、を数理的に検討した研究です。結果にクリティカルな項目には、倒壊危険性の高い建物、被害を受ける可能性の高い橋などの道路閉塞の可能性が挙げられます。これらについてもインフラを含むBIMデータが利用できれば、より実行力のある研究ができたのではないかと思っています。

長坂:

今の視点はすごく大事で、都市モデルのビッグデータと建物のBIMデータを使ってシミュレーションしないと、リアリティのある結果がなかなか出てこないというご指摘です。平常時の建物の状況とライフラインの被害想定、リアルタイムで収集された被害状況の情報を組み合わせることで、災害時の応急対応が可能になります。そのためには、都市計画、土木、建築など多様な分野の方々と様々なビッグデータを共有することが、今後必要になるのではないかと思っています。

中澤 公伯(なかざわ・きみのり)氏

中澤:

日本大学の中澤です。BIMとGISの連携についてお話しします。

BIMは、簡単にいえば3次元CAD+データベースです。このBIMの利用先を、環境シミュレーションや社会情報・ニーズ発見、防災・減災まで広げるには、3次元データの広域化、複数パターン化が必要になってきます。

広域化するには、どうしてもGISと連携させる必要があります。GISは地理空間情報、BIMは3次元CADといったように、扱っているオブジェクトこそ異なっていますが、システムの部分は非常によく似ているので、私は両者を連携できるのではないかと考えました。

連携するためには、インターネット上に大量にある2Dの空間情報を活用するのですが、2DのままではBIMモデルに取り込めないので、3D化します。

また、複数パターン化を行うためには、VAE※1のプログラミングの力を活用します。具体的な事例として、日照と風況を考慮した環境シミュレーションを紹介します。

以上のお話を整理すると、BIMの利用先を環境シミュレーションや社会情報・ニーズ発見、防災・減災まで広げるには、広域化と複数パターン化が必要であり、それらはGISとの連携とVAEによるプログラミングを活用すれば可能になってくるということです。

長坂:

長年、地理空間情報は2次元止まりでしたが、ようやく3次元のBIMの本格的な利用が可能となりました。中澤先生の話をお聞きしていると、BIMを使えば、3次元かつ広域のシミュレーションが可能になり、今、ようやくその世界の入口に立った段階かなと思いました。

これまでの話をお聞きしていると、お二人の共通の問題として、BIMの活用により、どこまでシミュレーションの精度が高まり、問題解決に資するかということがありますので、それについてコメントをいただけますか?

長坂 俊成(ながさか・としなり)氏

山田:

シミュレーションはクリティカルな設定の読解や探索が肝要ですので再現精度は深遠な課題です。ただBIMという多次元データは、形態に関する3次元情報だけでなく「これがあれば、もっといい研究ができるのに」というデータを結構持っています。形態に関する情報だけでなく、データベースにこそ有用な情報が多いと思います。僕は研究したことがありませんが、エネルギー分野はわかりやすい例かと思います。防災に関連させて少し珍しい例を僕の研究から紹介すると、AED(自動体外式除細動器)の配置検討シミュレーションがあります。この際、AEDの利用可能時間が問題となりました。AEDの位置座標と並行して使用可能な状態にあるか確認すると様々でした。「ビルが開いている時間内」という事例だけでなく、「回答できない」という事例もありました。研究は対象空間を他から独立した抽象空間に置き換えられるケースでしたので大きな問題になりませんでしたが、時間という次元が結果にクリティカルになる事例も多いと思います。都市部は意外とAEDが設置されているのですが、時間帯によっては善意ある一般市民がAED処置を試みても近くのビルにあるAEDが使えない、という可能性です。このようなことを踏まえた計画と運用にもBIMがもつ多次元データは有用です。建築物を設計するという意味では、AEDの有無や数と位置、利用可能時間は付帯的な情報かもしれませんが、救急救命という分野では計画と運用に非常にクリティカルな次元ということです。

このように、何をシミュレーションするかによって必要なデータベースの次元(項目)は変わり、ある分野ではさほど重要でなくても別の分野では価値がある、という次元も多々あると思います。各次元にどんな利点があるかを理解・共有して、オープンでなくてもワンストップで利用可能な仕組みでデータベースを多次元化していくことが大切だと思います。またあらかじめ利点がわからなくても、業務の過程で作成された次元はとりあえず足して多次元化した情報を分野横断的にどこかが管理しておく、ということも必要だと思います。

中澤:

精度の問題にからめていえば、現時点でBIMのデータは、現実世界とまだそれほどリンクされていない点も大きいですよね。データ作成後の活用先も考慮しながらBIMデータを作る方向に舵を切れば、現実世界とは今後どんどんリンクしていくのではないかと考えます。

長坂:

精度には、位置精度、時間的精度以外に、論理的精度があります。論理的精度とは、例えば道案内をする時、道路を挟んで右か左か、「次の交差点のコンビニの向かいです」といった具合に、事物の相対的な位置関係から場所を特定できるということです。つまり、精度を高めなければデータが利用できないということではないと思います。

もう1点、BIMデータの公開・標準化の現状と今後についてはいかがでしょうか?

中澤:

現実によく聞く話では、ゼネコンさんが設計する際、設計用BIMと施工用BIMでデータが異なるという問題があり、公開できるようになるのは少し先という認識を持っています。データ形式の標準化も現在進められている段階で、誰でもデータを見られるようになるのはまだ先ではないかと思います。

山田:

僕も、標準化は現段階ではできていないという認識です。ただ、buildingSMART Japan※2でIFCフォーマット※3などの標準仕様を決めるという動きはあります。異なる会社の連携を意図したコミュニティです。このコミュニティに限らず、研究者、もしくは技術者個人レベルでは、連携してこの分野を発展させようという意思が高まっている印象です。会社同士の連携には伺い知れない難しさがあるとは思うのですが、直近の利益をいったん保留できるような力を持っている会社が率先して連携し、標準化を進めて業界をリードしてくれたらいいな、というのが大学研究者の思いです。

長坂:

データの公開に際して、セキュリティ、知的財産権などの問題がありますので、非常に難しいと思います。しかし、目的に応じてレイヤーを分け、一部のレイヤーを公開していただけるようになると、様々なシミュレーションに活用できるようになり、社会的に防災性や環境性能を高めることができます。安全・安心な社会を実現するために、建築業界の方々には、是非頑張っていただきたいと思っています。

本日は、長時間にわたり、ありがとうございました。

※1 VAE:RevitのアドインソフトであるVisual Algorithmic Editor「Dynamo」のこと。
※2 buildingSMART Japan:IFCの策定・普及活動を行っている団体。 https://www.building-smart.or.jp/
※3 IFCフォーマット:BIMソフトウェア間の相互運用性を高めるために、buildingSMART Internationalが開発および維持しているフォーマット。


セミナー4〜6
BIMデータのさらなる有効活用を目指す

設計、施工から維持管理まで様々なフェーズで活用が進むBIM。
しかし、地域住民など社会へのフィードバックや、長期的な視野で見たBIMデータの保存、設計を効率化するためのBIMワークフローのルール作りなど、留意点も数多く残されています。
建築再生展3日目の6月13日、東芝エレベータはBIMをさらに有効活用するためのポイントに焦点を当てたセミナーを開催しました。

建築家と社会を結ぶツールとしてのBIM

稲垣 拓(いながき・たく)氏

稲垣 拓氏

itaru/taku/COL. ファウンダー

2013年東京大学大学院修了。2013年に山下設計に入社。2017年にitaru/taku/COL.を設立。第49回・50回セントラル硝子国際設計競技優秀賞などを受賞。

私は山本至と2人で、itaru/taku/COL.という設計事務所を営んでおり、これまで一貫して、まちづくりや都市再生に対してどうアプローチをするかを考えながら様々なプロポーザルを出してきました。今回は、都市の既存ストックの活用、シビックプライド※1の醸成、まちづくりの活性化という観点からBIMの可能性を見ていきたいと思います。

BIMの可能性としてひとつ挙げられるのは、可視化を通して地域住民とつなぐことです。BIMモデルがあれば、VR、AR、レンダリングなどで可視化し、仮想空間の中に擬似的にいる感覚を生み出すことができます。それを地域に特化したデータベースとして蓄積し、地域住民に参加・活用してもらう。そうすると、建築家と社会の断絶がなくなり、地域に根づいたまちづくりのプラットフォームができるのではないかと考えています。

itaru/taku/COL.のホームページ

itaru/taku/COL.のホームページ(http://itaru-taku-col.strikingly.com/

もうひとつのBIMの可能性は、断片化された都市情報をつなぐことです。例えば、シンガポールの「バーチャルシンガポール」プロジェクトでは、都市の3Dモデルの上に、交通情報など様々な情報のレイヤーをオーバーレイでき、すべての市民はこれを使って、様々な判断や決断を下せるようになりました。これを日本全土に導入することは困難ですが、地域を限定してモデルを構築、蓄積、継承していくのは、まちづくりに非常に有用ではないかと考えております。

今後、BIMデータは都市にきちんとフィードバックして、都市空間を豊かにするツールとして使っていくべきではないでしょうか。

※1 シビックプライド:都市に対する市民の誇りを指す。都市に対して愛着を持っているだけでなく、課題を解決するために、市民が当事者意識を持って具体的な行動に取り組む姿勢も含む。

BIMが変える建築生産と建築再生の親和性について

今村 創平(いまむら・そうへい)氏

今村 創平氏

千葉工業大学 建築学科 教授

1989年早稲田大学理工学部建築学科卒。AAスクール(ロンドン)、長谷川逸子・建築計画工房を経て、2002年(有)アトリエ・イマム一級建築士事務所設立。

私は「BIMで何ができるか」とは違う視点から、BIMや建築生産を見ていきたいと思います。

建築では基本的に、情報を集積し伝えるツールやメディアとして図面が使われています。図面の役割は、建築生産をする時に同じものを作れることです。再現性ですね。ただし、図面の書き方は、時代や場所、社会背景と結びついているので、それらによって変わってきます。

世界で現存する最古の図面は、皮にペンで描かれた中世の図面です。描くのが大変で、持ち運べませんから、情報を伝えることは難しい状況でした。ところが、ルネサンスの時に建築家と施工者が分かれた。設計者と造る人が違うので、建築家は図面を描くようになりました。これと同時期に、紙と印刷がヨーロッパにもたらされ、情報が本の形で流通するようになります。これがよくいわれる情報革命です。今ではそれがさらにデジタルへと変わっていますね。

20年ほど前、ようやく3次元CADができました。その後、BIM技術を使うことによって、ルイヴィトン・ファンデーションのような複雑な建築を確実に造ることができるようになった。これは、明らかにBIMの恩恵です。今まで造れなかった建築の再現性が高まっているのです。

最後に建築再生の話にも触れたいと思います。これからのストック社会では、建物をデータ化して、それを将来活用することの重要性が確実に高まっていきます。建築生産において、BIMが有効なことは確かですが、そのデータを今後どう蓄積するかは議論が必要だと思います。

ルイヴィトン・ファンデーション

ルイヴィトン・ファンデーション

BIMワークフローと契約

岩村 雅人(いわむら・まさと)氏

岩村 雅人氏

株式会社日本設計 プロジェクト管理部 副部長 BIM室長

1992年京都大学工学部建築学科卒業。1992年、松田平田設計に入社。2010年に日本設計に入社。2018年から工学院大学非常勤講師を兼務。

今日は、BIMを推進することに重要だと考える3つのポイントについて話をしたいと思います。

BIMは、建築から構造、設備まで、企画段階から維持管理段階まで、幅広い領域をカバーしています。私どもの設計ワークフローの中心にはBIMソフトがありますが、実際には様々なソフトを連携させながら設計を進めます。BIMが情報の中心になっていますが、BIMモデルの中だけにすべての情報があるわけではない、という点もわかっている必要があります。また、BIMモデルに入れる情報は、段階が進むにつれて深度化させていきますが、段階によって、情報量が異なります。

設計段階では、BIMソフトと様々なソフトを連携させながら資料を作成する

設計段階では、BIMソフトと様々なソフトを連携させながら資料を作成する

すべての情報の深度が揃って、入力されているわけではない、という点も留意が必要です。極端にいえば、要素ごと、情報の深度は異なります(ですので、よく「基本設計モデルのLOD(Level of Detail)は○○」という言い方をしますが、それだけだと、かなり大雑把に過ぎる言い方です)。BIMの1つ目のポイントは、案件ごと、部材ごと、部分ごとに情報の深度について細かくルールを決めておくことが必要、ということです。

BIMモデルは形状と文字情報を組み合わせて作っていきますが、形状と文字情報の重要度も、やはり要素ごとに異なります。物によっては、形状は大体の位置が定まっていればよく、仕様・性能を規定する文字情報の方がより重要な要素もあります。BIMの2つ目のポイントは、形状と文字情報の使い分け、使い方のルールを決めておくことです。設計者だけでなく、施工者やメーカーの方々も含めて連携のルールを共通認識することが重要だ、ということです。

さらに考えたいのは、BIMによる「フロントローディング」です。BIMのメリットとして、よく語られる言葉ですが、その後の作業・検討を前倒しするということです。しかし、考えていただきたいのですが、BIMを使うと、早めにモデルの中に、形状として、情報として入力することは可能です。しかし、もしそのBIMモデルに入れた形状や情報が、後の段階で承認されず、やり直しとなったら、「フロントローディング」どころか、無駄に作業を増やしたことになります。つまり、「フロントローディング」は、「承認のフロントローディング」でなければなりません。BIMの3つ目のポイントは、「誰が、いつ、何を、どこまで行うか」というルールを、「誰が、いつ、何を、どこまで承認するか」を含めて、全体のルールとして決めておくことが必要、ということです。

これまでお話ししてきたようなルール決め、すなわち「標準化」は、非競争領域に属する部分だと思っています。業界で力を合わせて標準化し、新しい技術につなげていくことで、みんながWin-Winになる関係を構築することができると思っております。

建築業界における競争領域と非競争領域

建築業界における競争領域と非競争領域

Win-Winの関係構築を目指して

Win-Winの関係構築を目指して


6月13日のセミナーが終了したのは16時20分。BIMデータの新しい活用先や保存の問題、それを十分に活用するためのルール決めのポイントなどが提示され、ご来場者からいくつも質問が飛び出すなど、熱気に満ちたセミナーとなりました。


トークセッション2
建築再生におけるBIM利用の意味およびその可能性

次世代のスタンダードとされながらも、なかなか普及の進まないBIM。
大手組織設計事務所と小規模設計事務所に勤める有識者をパネラーに迎え、
BIMの有効性や新しい可能性について議論していただきました。

岩村 雅人氏
株式会社日本設計 プロジェクト管理部 副部長 BIM室長

今村 創平氏
千葉工業大学 建築学科 教授

稲垣 拓氏
itaru/taku/COL. ファウンダー

今村:

千葉工業大学の今村です。今回はBIMに関して、大手組織設計事務所と小規模な設計事務所に勤めている、ある意味では両極端のお二人に、BIMに対する知見をお聞きすることで、BIMの新しい側面が見えてくるのではないかと考えています。

岩村 雅人(いわむら・まさと)氏

岩村:

日本設計の岩村です。日本設計では、BIMを「形態(ビジュアル)と情報(インフォメーション)」と捉えています。建築・構造・設備がともに、Autodesk Revitを用いて、データ連携性を高めているのも特徴です。具体的な活用場面を挙げていくと、都市環境シミュレーション、温熱環境シミュレーション、インテグレートデザイン、構造アルゴリズム設計、設備設計、建物維持管理などがあります。中でも、設備設計はBIMとの相性が特に優れています。建築BIMから部屋の建築的な情報を受け取り、そこに設備諸条件を入力すると、空調機器を自動選定するというような自動化も可能になってきました。

そうしたルーティンワークの効率化により得られた時間を、環境シミュレーションなど、設計の最適化に充て、決められた時間内により高度な設計を行うこともできるようになっています。

日本設計では、様々な場面でBIMを活用するようになりましたが、その社会的背景として、建物規模が大きくなり、建物に求められる性能と品質が非常に上がってきたこと、しかもその設計を限られた時間の中でやらなければならないことが挙げられます。ある海外の事例を挙げますが、1000haもの敷地の都市計画を3カ月で提案するという国際コンペティションがありました。このコンペではBIMを用いて設計作業を迅速化し、ヒューマンスケールの近景と都市的な遠景を同時に調整し、面積的な数字も一緒に押さえていく、といったことを行いました。世界の組織設計事務所ではBIMはすでに当たり前の道具であり、BIMを使ってハイレベルな提案書を作成してくるので、同じ道具を使わなければ、戦いの土俵に乗ることすらできません。今の事例はコンペなので、極端な例ではありますが、通常の業務においても、BIMを使わなければ、建築主の複雑な要望や社会的な要求に応えられないような案件が増えていることを感じます。

稲垣:

我々の事務所は小規模な設計事務所で、まちづくりを大事にしています。今回はその立場から、BIMと地域に根づいたまちづくりの可能性についてお話しします。

先ほど岩村さんがお話しされたように、BIMは大規模な案件や複雑な案件で威力を発揮しますが、我々のような小規模設計事務所でもBIMを活用できないかと考えています。例えば、最近のまちづくりの現場では、シビックプライド※1やストック活用の重要性が盛んにいわれており、そうしたソフトなまちづくりの中にBIMの可能性を探っていきたいと思っています。

ドイツ・ハンブルクにあるハーフェンシティでは、現在、欧州最大の再開発が行われていて、工事の進捗状況を、インフォメーションセンター内にある街の模型で確認することができます。この事例のように、街の変わりゆく姿が自分の日常の一部として感じられるものを、BIMを使って作ることができないか。つまり、地域住民のつながりの創出にBIMを活用できるのではないかと考えています。

また、シンガポールでは、全土のインフラ・建築物を3D化する「バーチャルシンガポール」というプロジェクトが進められていました。

稲垣 拓(いながき・たく)氏
稲垣 拓(いながき・たく)氏

稲垣拓氏の事務所が、現在、横浜市泉町で手がけている「いづみプロジェクト」。地域に根づいたまちづくりを進めている

このプロジェクトにより、仮想空間内の都市にあらゆる都市情報をオーバーレイできるようになり、それをもとに、様々な分析・決断ができるようになりました。日本でこれと同じような3D都市モデルを構築することは難しいでしょうが、たとえ粒の小さいまちづくりでも、モデルを構築するメリットを把握したうえで、BIMを3次元上の建築ストックとみなして社会全体で蓄積していくことが重要ではないか。これにより、断片化された都市情報をつなぐことができないかと考えています。

今村 創平(いまむら・そうへい)氏

今村:

ありがとうございます。両極端のお二人にプレゼンテーションしていただきましたので、次にBIMのスケールメリットについてお伺いします。岩村さんには、BIMを用いる適正規模があるのか、稲垣さんには、小規模な設計事務所でBIMを使うメリットについて伺いたいと思います。

岩村:

BIMは企画段階から維持管理まで、建物のライフサイクル全般で活用する道具です。つまり、今までの道具とBIMを比較すると、BIMは、今までの道具が10も20も合体したようなイメージですから、BIMは「単数」ではなく、「複数」の束として捉えることが重要だと思っています。BIMに一つの適正規模があるのではなく、規模に応じて適正なBIMの「部分」を使えばよいということです。

BIMデータは文字情報と形状情報の組み合わせで構成されていますが、フェーズによっては、形状情報を全部入れず、文字情報だけ入れれば十分な場合もあります。「BIMだからこう使うべき」というものではなく、物件、フェーズによって使い方を変えていくのがポイントだと思います。

稲垣:

私が手がけているまちづくりのレベルでは、粗い状態でモデルを作り、全体像を見渡すことが重要です。BIMをまちづくりに活かしていくのであれば、どの程度の詳細度が適切かという共通認識を今後作っていかないといけないと感じています。

岩村さんにお尋ねしたいのですが、BIMは入力が複雑だったり、事前に厳密なルール決めが必要だったりと、一般的な設計者にはハードルが高いツールだと感じています。日本設計さんは、そのあたりをどのように運用されているのでしょうか?

岩村:

確かに、BIMソフトは守備範囲が広いため、複雑で取っつきにくい面がありますね。新たな別のファイルを作って、図面を積み重ねていく従来の設計とは違って、BIMの場合には、1つのモデルを更新しながら設計を深めていきます。例えば、基本設計の時に、後々で検討するディテールを頭の中で描きながら、モデルを構築すると、実施設計での作業が楽になります。BIMの教育においては、BIMの操作を覚えること、BIMのデータ構成を覚えることも重要ですが、同時に、設計そのもののスキルアップが大切だと思います。さらに、JOBの責任者が、BIMモデル上で、物事を確認していくことも重要です。BIMは設計作業を進める道具ですが、どこまで、何の情報が決まったかどうかの設計の進捗を確認するマネジメントの道具でもあります。

今村:

教育現場も同じで、建築のことがわからずにBIMを使っている学生は悲惨です。設計スキルのない学生でも、BIMを使ってモデルを作ると建築らしきものができてしまうので、「自分は設計ができる」と誤解してしまう。自分が何を描いているのかもわからないまま立体ができてしまうと、様々な問題が生じ、とても怖いことです。

そうした点を踏まえ、BIMを使うことで建築の質は本当に高められるのかという問題が出てきます。いかがでしょうか。文化の継続性が重要な建築の場合、最先端のものが質的に一番いいわけではなく、例えば、今日の建築よりも中世の建築の方が良いのは普通のことです。

岩村:

性能を見える化できる、認識して制御できるようになった点では、明らかに建築の質は上がっています。レム・コールハース※2は、都市のビッグネスという話をしています。これは、現代の巨大都市には一人の建築家がコントロールし切れない部分が出てきたのではないかという話ですが、BIMを使うと、ビッグネスの概念を拡張できるのではないか、コントロール範囲を広げることができるのではないかと考えています。

今村:

今までの建築家は、あくまでもスケッチで建築を描いていました。人間の能力は限られているので、スケッチの中で把握できる範囲には限界がありましたが、BIMのようなテクノロジーを使えば、人間の能力を拡張でき、我々の認識レベルも上がるというわけですね。

本日は、長時間にわたり、どうもありがとうございました。

※1 シビックプライド:都市に対する市民の誇りを指す。都市に対して愛着を持っているだけでなく、課題を解決するために、市民が当事者意識を持って具体的な行動に取り組む姿勢も含む。
※2 レム・コールハース:オランダ生まれの世界的に著名な建築家。2000年にプリツカー賞を受賞した。彼の建築理論、都市理論は、数多くの建築家に強い影響を及ぼした。

次回はシリーズインタビュー「ICT技術とBIM」の第2弾として
小松平佳氏(AI-feed代表取締役)&金田充弘氏(AI-feed取締役)が登場!