MENU

BIM連携事例

設計会社や施工会社と情報や問題点を共有し、生産性を向上したBIMの事例を紹介します。

建築工程でBIM連携を行うことで、「利用環境の見える化」「仮想空間での合意形成」が可能となります。これにより、承諾プロセスが改革され、業務の効率化が実現できます。

仕様承諾プロセスの改革(例)

建築工程のBIM連携フロー

設計会社とのBIM連携(連携フローフェーズ❶)

設計段階での連携では、設計会社からBIMモデルデータを受領し、案件に最適なプランをBIMモデルで提案します。

昇降路納まり合意形成

躯体開口に関わる資料をBIMで作成し、合意形成を行います。

BIMモデルを中心とした図面品質確保のイメージ

BIMモデル活用による合意形成

設計支援の狙いや効果

施工会社とのBIM連携(連携フローフェーズ❷❸)

施工会社とのBIM連携は”ものづくり”を意識した詳細なレベルに発展。BIMモデルの合意形成によって鉄骨FABと昇降機設備の連携を実務で定着させ、鉄骨の打合わせ図面の削減や品質向上につなげています。

BIMモデル活用による合意形成

<エレベーター>BIM施工連携

3Dモデルで打合わせをし、鉄骨必要部材の精度を高めていきます。

BIM連携の流れ

BIMモデル活用による合意形成

モデルによる昇降機鉄骨部材の確認

BIMモデル活用による合意形成

現場で開かれるBIM調整会議に参加

BIMモデル活用による合意形成

昇降機設備では、主に鉄骨部材の干渉チェックを実施

仕様合意への活用

当社独自の意匠提案ソフトの着せ替え機能を使い、かご室のパースを何パターンか作成、事業主に意匠を決定頂き、承諾プロセスの省力化を行います。

かご室パース A案

BIMモデル活用による合意形成

かご室パース B案

BIMモデル活用による合意形成

当社独自の意匠提案ソフト「デザインシミュレーター」を活用。

BIMモデル活用による合意形成

<エスカレーター>BIM施工連携

仮想現場を再現して、納まり・安全対策の精度を事前に高めます。

BIMモデル活用による合意形成

BIMと施工後の比較

仮想現場を再現する事によってエスカレーターと周辺建物との竣工イメージが確認出来るため、早い段階からモデル合意が可能。

BIMパーツ・ツールをダウンロードするには、
会員登録が必要です。
会員でない方は、会員登録をお願いします。