MENU

BIMのメリット

BIMのメリット

● 利用環境が見える化されることで、総合的な視点で分析が可能になり、提案の最適化が図れます。
● 仮想空間で各ステークホルダーと合意形成が出来るので、計画精度のフロントローディングが可能になります。
● 仕様の承認がスムーズになり、プロジェクトや営業活動が円滑に進みます。

BIMとは、Building Information Modelingの略称で、専用の3次元CADを使い、コンピュータの中に「モデル=仮想の建築物」を作る設計手法です。 「モデル=仮想の建築物」により、プロジェクトに関わる誰もが建物の完成イメージを容易に理解できる効果があります。また、建築の設計のみならず、施工から維持管理まで、建物のライフサイクル全般で「モデル=仮想の建築物」を運用することができます。

BIM連携フロー

BIMを、建物ライフサイクルすべてのフェーズで活用することで「建設のプロセスを改革」できます。

BIM連携フロー

BIMパーツ・ツールをダウンロードするには、
会員登録が必要です。
会員でない方は、会員登録をお願いします。