MENU

環境活動・CSR企業の社会的責任 活動ハイライト

地域社会への責任・取り組み

災害復旧体制(迅速な保守サポートと新サービスの展開)

東日本大震災の際は、交通網・連絡網が寸断し、絶え間なく余震が続く震災発生当日から巡回を開始。翌3月12日には緊急通行登録車両による全国の支社・支店、製造拠点、ビジネスパートナー、スタッフ、専門技術者が一丸となって、第一陣の支援部隊が東北エリアに到着、 設計・製造から保守までの一貫体制と全国規模のサービスネットワーク体制を駆使して被災エレベーターの迅速な復旧に取り組みました。

当社は広域災害発生時における昇降機およびビル設備の復旧対応力強化のために、災害発生から復旧完了までの間の出動指示や復旧状況などが社内情報ネットワークを介して一元管理できる「リアルタイムモニター」や専門技術者用携帯電話を活用した「保守支援システム」などを構築し、情報収集能力強化・改善を継続的に行っています。

また、災害時の通信規制を受けないMCA無線機をはじめ、PHS電話機、災害時優先電話、衛星携帯電話などによる確実な状況把握と緊急時の情報通信手段確保のための対応も強化しています。社会のインフラを支える企業として、万が一の広域災害にも迅速・的確な復旧ができる体制を構築するとともに、定期的な訓練を実施し、新サービスへの展開、通信システムの整備等更なる強化に努めています。

専門技術者用携帯電話

専門技術者はサービス情報センターからの情報に基づき効率的に巡回、復旧作業を行い、その状況をデータベースにフィードバックします。

サービス情報センター/専門技術者が現地で確認/データベース

リアルタイムモニター

対策本部では現地の復旧状況をVPN(専用回線)経由で把握し、全国規模での的確な人員配置による効率的な作業を行います。

リアルタイムモニター

スマートキャラバンカーで新旧機種の機能の違いが比較できる体感シミュレーション

当社は2005年から業界初として運用を開始した「キャラバンカー」をリニューアルし、2012年11月から車両をコンパクト化しフットワークを軽くした「スマートキャラバンカー」にて全国訪問の運用を続け、約150回以上の出動で、10,000名を超えるお客さまに体感していただきました。
お客さまからの声に応え進化した新型キャラバンカーは普通自動車3台分のスペースがあればどこでも、キャラバンカーに搭載されたエレベーター実機にお乗りいただきながら、新旧機種の機能の違いが比較できるシミュレーションを体感いただけます。地震や停電発生時における動作の違いを比較することで、安全性・快適性に関する技術の向上も体感いただけます。
また、2017年2月から「VRキャラバン」の運用を開始しました。VR(=仮想現実)空間を用いて、スマートキャラバンカーと同様に地震・停電時の動きを体験出来ます。

やさしい空間体感 スマートキャラバンはこちら

キャラバンカー/キャラバンカー内装

VRキャラバン 体感画面

サービスネットワークを生かした全国的な清掃活動

2007年度から良き企業市民として自然環境への配慮を重視するため、全国の拠点にて事務所周辺及び河川・海浜の清掃活動に参加しています。
2017年度は全国16支社店・3工場にて延べ87回(約1200人参加)の清掃活動を実施しました。

東京支社

事務所近隣の清掃活動
住友不動産大井町駅前ビルに入居している東京支社は、JR京浜東北線、東急大井町線、りんかい線が交差する大井町駅に近い事から、普段から人通りが多く、空き缶・ビン・たばこの吸い殻等が多い事から、定期的にビル周辺の清掃活動を展開しています。
東京支社は今後もオール東芝で地域貢献を行ない、さらに地域から愛される企業を目指します。

東京支社

北海道支社

石狩新港浜の清掃活動
北海道東芝グループの社会貢献活動の一環として、「浜辺と海をきれいにする会」が主催する「第39回クリ ーンアップ石狩新港浜」の清掃活動に参加しました。今後も引き続き、地域環境活動などの社会貢献活動に積極的に取り組んでいきます。

北海道支社

東北支社

事務所近隣の清掃活動
「仙台まち美化サポートプログラム」のサポーターとして登録し、定期的に事務所近隣及び公園の清掃活動を実施しています。
今後も社会貢献活動の一環として、まち美化活動を継続していきます。

東北支社

北関東支社

新発田市藤塚浜海水浴場清掃活動
6月17日(日曜日)新発田市近郊の海岸清掃「クリーンキャンペーン・藤塚浜」に東芝エレベータ新潟支店から毎年家族を含め参加致しました。
例年の恒例行事で参加意識も高く継続しています、今後も社会貢献活動に関する事で継続して実施していきます。

北関東支社

東関東支社

千葉駅前及び中央公園の清掃活動
1992年2月に千葉駅前から中央公園周辺にオフィスを置く企業約60社が、企業の社会的責任を自覚し地域社会へ貢献することを目的に設立された「千葉駅前オフィス町内会」において、1992年7月から、千葉駅前大通り中央公園プロムナード周辺で、毎月1回第一水曜日に実施されています。当社は開始当初から毎回参加し 24年間継続して実施しています。
また、2015年7月より2カ月に1回、千葉中央ツインビルオフィス会にて千葉中央ツインビル及び中央公園の清掃活動にも参加しています。

東関東支社

神奈川支社

児童養護施設 及び 鎌倉由比ガ浜清掃ボランティア活動
三井ボランティアネットワーク事業団主催の児童養護施設の清掃活動および鎌倉由比ガ浜清掃活動に定期的に参加しています。鎌倉由比ガ浜でのボランティア活動は2007年から参加しており、この活動は2016年春「ブルーフラッグ」の認証を受けました。今後も同事業団の活動を通じて社会貢献活動に取り組んでいきます。

神奈川支社

中部支社

河川環境美化活動
静岡市自然環境アドプトプログラム事業活動に基づき、静岡市内の河川の環境美化ボランティア活動として清掃を定期的(年2回)に実施し地域の景観維持に貢献しています。

中部支社

関西支社

大阪マラソンの事前清掃活動
大阪マラソン組織委員会主催により、マラソン大会前の清掃活動として行われる「大阪マラソン“クリーンUP”作戦」に参加し、街をきれいにする環境義化活動を行っています。
この活動は支社のみではなく、複数の支店および営業所においても参加しています。

関西支社

中国支社

平和記念公園の清掃ボランティア活動
今回も、三井ボランティアネットワーク事業団に参加しました。平和記念公園でのボランティア活動は82回目の参加になります。継続的に参加して社会貢献活動を中国支社として実施していきます。

中国支社

九州支社

地域清掃活動
福岡市近郊の海岸清掃「ラブアース清掃活動」に東芝および、東芝グループ各会社の福岡市に事務所がある各事業所から毎年家族を含め多数参加しています。
例年の恒例行事で参加意識も高く、今後も社会貢献活動に関する意識向上のため継続して実施していきます。

九州支社

府中工場

地域清掃活動
府中市などが主催する「多摩川清掃市民運動」に社員とその家族が毎年参加しています。
この運動は、多摩川をはじめとした豊かな自然と街の良好な生活環境を守るため、毎年開催されており、府中市域を流れる河川敷(約10kmにわたる範囲)の清掃を行う活動です。
川面を流れる清々しい風を感じながら、職場の同僚や親子連れで会話を楽しみながら気持ちよく清掃活動を行っています。

府中工場

上野原事業所

事務所近隣の清掃活動
事業所周辺の公道に、捨てられている空き缶・ペットボトル・ びん・タバコの吸殻・可燃ゴミ等を請負協力会社と共に定期的に拾い集め、上野原市クリーンセンターに持参し処分しています。

上野原事業所

姫路事業所

工場周辺道路の清掃活動
東芝グループの社会貢献一斉アクションの一環として、西芝電機株式会社が中心となり毎年開催している「まちかど100mクリーンアクション運動」に、姫路事業所及びグループ会社の東芝エレベータプロダクツ株式会社が継続参加しています。2017年度は昼休み時間を利用して、98名が参加しました。今後も引き続き、積極的に社会貢献活動に取り組んでいきます。

姫路事業所