MENU

環境活動・CSR企業の社会的責任 理念・方針

環境経営マネジメント

環境経営マネジメント

私たち「東芝エレベータ」はすべてのフィールドに徹底した品質管理と環境経営体制を構築し、総合力で皆様に「安心」、「安全」、「快適」をお届けいたします。持続可能な社会の構築に向けて事業経営と環境経営の一体化を図り、昇降機業界におけるエコ・リーディングカンパニーをめざします。

東芝エレベータ株式会社
代表取締役社長  柳瀬 悟郎

東芝エレベータグループは、昇降機のライフサイクルである製品・システムの開発から製造・据付・調整・保守サービスまでの一貫した体制を構築し、お客さまへ良質な製品とサービスをお届けいたします。さらに、海外に展開する開発・製造拠点や販売パートナーを活用してグローバル展開を加速していきます。技術革新の粋を結集した「世界最高速クラスエレベーター」に代表される世界最高水準の技術力を通して、さらなる技術・品質の向上をめざします。そして、お客さまの安全と快適な移動空間へのご期待・ご要望に応えるためにも、たゆみなきイノベーションの創造を追求してまいります。弊社の企業活動の目標は、「お客様にご満足いだけるような製品とサービスのご提供」「お客さまに信頼される東芝エレベータ」です。また、弊社は生命・安全とコンプライアンスを最優先するという基本方針のもと、CSR(企業の社会的責任)活動を進め、共に地球に生きる企業市民として自然環境への配慮、高齢化社会への対応、省資源・省エネルギーにも積極的に取り組み、国際社会に生きる企業として21世紀社会の発展に力強く貢献していきます。そのために、日常の企業活動を支え、お客さまに高品質のサービスをご提供する弊社の社員一人ひとりの人財育成にも注力してまいります。

■地球環境問題への対応

環境は私たちの身近にある社会的問題であり、気温の上昇や台風の多発など温室効果ガス排出に伴う様々な環境の変化、地球環境の危機を目の当たりにしています。この問題に対して、一企業としてどの様に向き合っていくのか、しっかりと考えていく必要があると考えています。東芝エレベータグループでは、様々な環境に対する指標を掲げ取り組みを推進しており、昇降機のライフサイクル全てで事業を展開している弊社の特徴を活かした環境貢献施策を実行し、地球環境問題に貢献してまいります。

■SDGs達成への貢献

SDGsの169個のターゲットには、環境に関連するターゲットが多数あります。SDGsの取り組みに弊社の事業活動がどのように関わり貢献していくのか、貢献していけるのかを意識しながら行動していく必要があります。弊社事業の環境側面で考えた場合、製品開発段階での省エネルギー化の推進、資源投入量の削減を筆頭に、調達、モノづくり、据付・調整・保守サービス、昇降機のリニューアルにより省エネルギー化・資源の有効活用・廃棄物の削減、有害化学物質の削減の推進、大気・土壌・河川などの汚染を防止することでSDGsに貢献してまいります。

■昇降機業界のエコ・リーディングカンパニーの実現に向けて

次世代に地球を、日本を、引き継いでいくためには環境経営活動は必要不可欠であり、東芝エレベータグループでは「昇降機業界のエコ・リーディングカンパニーを目指す」を合言葉に活動を推進しています。実現のためには、人財育成は欠かすことが出来ない取り組みです。環境人財を育成することで、事業活動の中に絶えず環境の視点が組み込まれ、製品・サービス、事業プロセスの改善につながることで環境への貢献度が高まり、結果、皆様に昇降機業界のエコ・リーディンカンパニーとして認知いただけるものと考えています。達成に向けて、ステークホルダーの皆様のご協力を頂きながら邁進してまいります。

最後に、お客さまの忌憚の無いお声を聞かせいただくことと併せて、今までにも増して、東芝エレベータグループの商品・サービスをご愛顧賜わりますよう心からお願い申し上げます。

持続可能な開発目標(SDGs)への対応

2015年9月にニューヨークの国連本部において採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」では、国際社会が2030年までに貧困や飢餓、気候変動などの持続可能な開発を実現するための重要な指針として、17の目標「持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)」を定めています。
東芝エレベータグループは、SDGsの達成に貢献すべく事業活動を展開しておりますが、環境側面で見た場合、昇降機のライフサイクル全体(資源調達~製造~据付~保守・整備~リニューアル)、およびビルファシリティー事業を通じて、「7.エネルギーをみんなにそして クリーンに」「9.産業と技術革新の基盤をつくろう」「12.つくる責任 つかう責任」「13.気候変動に具体的な施策を」などのSDGs目標の達成に貢献できるよう推進しています。

環境ビジョン2050

東芝グループでは、「地球と調和した人類の豊かな生活」を2050年のあるべき姿として描き、これに向けたビジョンとして「環境ビジョン2050」を設定し活動を推進しています。
東芝エレベータグループも東芝グループの一員として、「環境ビジョン2050」の達成に向け「地球温暖化の防止」「資源の有効活用」「化学物質の管理」の3つの課題に取り組んでいます。

循環型ストックビジネスと主な環境側面

先進技術と 徹底した品質管理

※エクセレントECPとは・・・
製品・サービスに求められる各種規制の遵守を確認するとともに、製品・サービスのライフサイクルの各段階で必ず達成すべき環境性能として「ECPの3要素(東芝の環境品質)」を考慮した「ECP基準」を定め、管理することで、製品・サービスの環境品質を確保しています。
さらにそのなかで、製品の上市時点において「環境性能No.1」を達成した製品・サービスは、「エクセレントECP」として社内認定しています。

第6次環境アクションプラン

環境ビジョン2050の達成に向け、東芝エレベータグループでは中期目標(環境アクションプラン)を策定し、活動推進を行っています。東芝グループで決定した第6次環境アクションプラン(2017年~2020年)の目標を設定し、さらに弊社事業に合った環境指標を作成し、展開しています。

Managemant マネジメント

第6次環境アクションプラン活動 2018年度実績 2019年度目標 2020年度目標
生態系調査活動率

100%

100%

100%

eco検定の推進(合格者数)

総数1,019人

総数1,317人

総数1,620人

環境一斉アクション『TELC-BATON』の実施、展開

256拠点

256拠点

272拠点

遵法違反”ゼロ”の継続

0件

0件

0件

油圧エレベーター外部油流出事故撲滅

0件

0件

0件

Business 製品・サービス商品

第6次環境アクションプラン活動 2018年度実績 2019年度目標 2020年度目標
製品のCO2排出抑制量※1

6.9万t-CO2

7.5万t-CO2

10.4万t-CO2

製品の省資源化量※1

2.8万t

3.1万t

4.5万t

再生プラスチック使用量

4.7t

5.1t

22.0t

※1

弊社2000年度販売機種と比較

Business 事業プロセス

第6次環境アクションプラン活動 2018年度実績 2019年度目標 2020年度目標
エネルギー起源CO2排出量生産高原単位の改善

12.8t-CO2/億円

14.8t-CO2/億円

9.5t-CO2/億円

国内製品物流CO2排出量生産高原単位の改善

9.0t-CO2/億円

9.1t-CO2/億円

8.5t-CO2/億円

廃棄物総発生量生産高原単位の改善

5.5t/億円

6.3t/億円

4.4t/億円

廃棄物量の抑制

1.2t

1.3t

1.3t

最終処分率削減

0.2%

0.06%

0.13%

水受入量生産拠点生産部門生産高原単位の改善

64.2m3/億円

74.3m3/億円

61.0m3/億円

化学物質総排出量全社生産高原単位の改善

0.02ton/億円

0.03ton/億円

0.01ton/億円