MENU

安心のバックアップ体制

サポート体制

故障・トラブルに対しては集中管理し、適切な対応を実施

地図システム

故障・災害が発生した際に現場の位置をすばやく特定し、監視ディスプレイに該当する物件の位置情報が表示されます。地図には近くにいるフィールドエンジニアの位置情報も表示され、最も早く現場に駆けつけることのできるエンジニアに出動指示を出すことが可能になります。

地図システム 地図システム

タスク管理

現場への到着時刻や復旧予定時刻、部品調達状況など詳細な作業情報を逐一専用のスマートフォンでセンターに発信。オペレーターはそれらの情報をもとに、お客さまからのお問い合わせや部品交換の手配、作業終了のご報告など、迅速かつ的確な対応をして作業の進捗を管理します。

タスク管理

広域災害が発生した際は、全国230ヵ所のネットワークを駆使して対応

サテライト監視

全国の支社店は東西のサービス情報センターと同等の監視機能と情報共有機能を備えており、広域災害宣言の発令によりサービス情報センターがその対応を最優先する際、被災地以外の遠隔監視・サポート業務は全国の支社店によるサテライト監視で行います。被災地対応を第一に行うサービス情報センターと全国の支社店が役割を分担し、広域災害時の対応にあたります。

サテライト監視

弊社とのメンテナンス契約のおすすめ(保守契約メニュー)

自動復旧運転機能※1

地震により運転を休止した場合、復旧にはフィールドエンジニアによる点検が必要でしたが、自動復旧運転機能により約30分※2で自動診断運転を行い、エレベーターの運転に支障がないと判断した場合には、フィールドエンジニアの到着を待たずに仮復旧運転を行います。

弊社とのメンテナンス契約のおすすめ(保守契約メニュー)

※1

弊社とのメンテナンス契約が必要になります。この機能は、フィールドエンジニア到着までの間、エレベーターの運転を仮復旧させることが目的ですので、通常の運転を行うには、フィールドエンジニアによる点検が必要です。また昇降行程に制限がありますので、詳細につきましては弊社までお問い合わせください。

※2

仮復旧までの時間は、建物の状況により異なります。。

※3

お客さまのエレベーター・エスカレーターの機種・仕様などにより設置できる機器に制限がある場合があります。弊社までお気軽にご相談ください。

(注)エレベーターに損傷のおそれのある強い揺れ(高Gal)を感知した場合は二次災害を防ぐため、自動復旧運転機能は作動しません。
地震時対応の各機能は、法定で定められた安全装置が作動した場合やエレベーター・建物の損傷状態により、安全のため機能しない場合があります。

緊急時の対応フロー

お客さまのビル・マンション 監視装置からの異常信号・お客さまからの緊急コール

サービス情報センター
最寄りの専門技術者選択

最寄りの専門技術者選択

最短で到着でき、的確に対応できる専門技術者をモニター上で選択。

出動指示作

出動指示作

選択した専門技術者へ電話で出動指示。同時に、専門技術者専用携帯電話へ必要情報(お客さまの住所や故障履歴等)のメールを送信。

作業進捗管理

作業進捗管理

作業が完了するまで、進捗状況をフォロー。

データ蓄積

データ蓄積

処理結果等をデータベースへ登録。メンテナンスデータとして活用。

全国約230ヵ所に広がるサービス拠点で、迅速にお客さまのエレベーターを守ります。

全国約230ヵ所に広がるサービス拠点で、迅速にお客さまのエレベーターを守ります。