MENU

ニュースリリース

2009-04-23

個人ビル・テナントビルオーナー向けリニューアル工事のミニシネマ「ビル物語」製作について

090424%E3%83%93%E3%83%AB%E7%89%A9%E8%AA%9E%E2%91%A0.jpg


 東芝エレベータ株式会社(社長:木村俊一、本社:東京都品川区)は、エレベーターのリニューアル時期を迎えたビルの個人オーナーやテナントビルオーナー向けにリニューアル工事の仕様決定、予算組みから工事着手までのプロセスを疑似体験できるミニシネマDVD第二弾「ビル物語 Memory of my father」を製作し、本日より無料配布を開始しました。

 このDVDはマンションの理事長向けに製作し好評を得た初回作「理事長スズキ氏の管理組合日記」とは異なり、個人ビルオーナー・テナントビルオーナーを対象とし、限られた予算の中でエレベーターの意匠や乗り心地、安全への備えを向上させ、ビルの資産価値を高めるエレベーターのリニューアルをドラマ仕立ての作品を通じて体験できます。
 また、この作品ではこのようなエレベーターのリニューアル工事で課題となるテナント様の了解、工事の工程や工期、そして予算内でニーズにあった最良の仕様や安全性能をどのように決めていくかを取り上げて営業マンとビルオーナーとのやり取りをストーリーにしました。

●ミニシネマDVD(ストーリー)
 父・騏一郎が保有するビルは30年の歳月を迎えようとしていた。
「第二の玄関」とも呼ばれるエレベーターのリニューアル。年月を経たビルを保有する騏一郎にとってはビルの将来を決断する上で避けて通ることの出来ない課題である。そんなオーナーの悩みを後押しするように有る出来事が起きる。
 ある日4階に通う学習塾の子供たちの間で「エレベーターに幽霊が出る」という噂が広まった。この幽霊騒ぎをきっかけに、古くなってしまったエレベーターをめぐり、リニューアルを断行するか否か。オーナーと家族、そしてそこに事業を営むテナントたちの波乱の日々がはじまる。


●ミニシネマDVD/VHS無料配布(概要)
【対象映像(DVD/VHS)】
 タイトル名:「ビル物語 Memory of my father」
  時間:約50分
  出演:ストーリーテラー(案内人)村野武範
     石山雄大、杉山英一郎、滝口いずみ、奥田武士、足立学、岩間沙織 ほか

【応募方法】
  当社ホームページに設けました「専用応募フォーム」よりご応募ください。
  もれなくミニシネマDVD/VHSを配送します。(応募者多数の場合は抽選)
  
  「ビル物語」応募ページ

【本編紹介ページ】
  
  「ビル物語」紹介ページ

本資料についてのお問い合わせ先:

東芝エレベータ株式会社 広報室TEL 044(331)7001

お客様からのお問い合わせ先:

リニューアル事業部TEL 044(331)7031