MENU

ニュースリリース

2022-06-30

汎用性の高いクラウドを活用したエレベーターとロボットの連携機能を開発

エレベーター デジタルソリューション クラウド/ネットワーク ロボット

東芝エレベータ株式会社(社長:川﨑幹、本社:神奈川県川崎市)は、クラウドを介したデータ通信によるエレベーターとロボットの連携機能を開発し、実証実験を行いました。汎用性の高いクラウドを活用することにより、エレベーターがロボットをはじめさまざまな機器と容易に連携できることで、建物内のより充実したサービスへの活用が可能となります。

クラウドを活用した今回の実証実験では、ZMP社製のロボットクラウド管理システム「ROBO-HI®(ロボハイ®)」と、エレベーターのクラウド間をデータ通信で連携させ、同社製のロボット「PATORO® (パトロ®)」からの信号で人の手を介さずにエレベーターの目的階を選択し、エレベーターの到着確認、乗車、目的フロアへ移動した後、エレベーターを降車、降車終了する一連の動作を確認しました。

昨今、労働者不足や作業者の高齢化といった社会課題を背景として、オフィスビルや商業施設におけるサービスロボットを活用した警備や清掃、自動配送などのニーズが高まっています。今回の実証実験での結果分析を進めるとともに、建物の運用・管理の高度化・効率化といったサービスの向上に向けた汎用性の高いクラウドの研究・開発の取り組みを加速させていきます。

当社は、エレベーターと各種機器の連携により、東芝が掲げるデータサービス事業の拡大とエレベーター利用者の更なる利便性向上、そして関連製品やサービスの価値を創造し、社会に貢献していきます。


キャプチャ.JPG

ロボット_実証実験_写真.jpg

本資料についてのお問い合わせ先:

東芝エレベータ株式会社 広報室TEL 044(331)7001