MENU

ニュースリリース

2021-08-23

新型コロナウイルスに感染力抑制効果を持つ光触媒「ルネキャット®」を採用した エレベーター用保護マットについて

東芝エレベータ株式会社(社長:柳瀬悟郎、本社:神奈川県川崎市)が販売する、消臭・抗菌・抗ウイルス抑制効果を持つエレベーター用保護マットに採用している光触媒「ルネキャット®」が、この度新型コロナウイルスに対する感染力抑制効果を持つことが実証されました。

エレベーター用保護マットは、汚れや傷防止のために、エレベーターかご内(側板)に取り付ける保護用のマットです。当社製「消臭、菌・ウイルス抑制エレベーター用保護マット」は、エレベーターを傷や汚れから保護するだけでなく、消臭・抗菌・抗ウイルス抑制効果を持つ光触媒「ルネキャット」が塗布されたものを採用しております。光触媒の作用により、エレベーターかご室内の照明で、気になる臭いを分解、消臭する他、菌やウイルス(新型コロナウイルスを含む)への抑制効果があります。

【光触媒「ルネキャット」について】
東芝グループの東芝マテリアル株式会社が開発した可視光応答型光触媒「ルネキャット」は、光触媒の作用で太陽光や部屋の明かりによって、臭いの分解、菌やウイルスを抑制する効果があります。一般的な消臭剤と違い、成分が残留している限り消臭効果が持続する他、抗菌・抗ウイルス作用も長続きします。

東芝グループでは「ルネキャット」の新型コロナウイルスに対する抗ウイルス性試験について、国立研究開発法人日本医療研究開発機構の研究事業に協力しておりました。この度、ルネキャットを塗布したウイルスの感染力を評価する試験において、「ウイルス感染価が99.2%以上低下する」との結果が確認されました。

・(株)東芝ニュースリリース へのリンク

光触媒「ルネキャット®」の新型コロナウイルスに対する感染力抑制の効果について

※効果は材料特性に関するものであり、物品の性能を保証するものではありません。


保護マット(パース図).jpg

本資料についてのお問い合わせ先:

東芝エレベータ株式会社 広報室TEL 044(331)7001