MENU

ニュースリリース

2017-08-24

上海浦東国際空港の新サテライトターミナル向けにエレベーター135台を一括受注

 東芝エレベータ株式会社(社長:松原和則、本社:神奈川県川崎市)は、上海浦東国際空港で拡張工事が進められている新サテライトターミナル向けにマシンルームレスエレベーター135台を一括で受注しました。完成(2019年予定)すると世界最大のターミナルになる当施設は、総建設面積が約62万㎡で、年間約3,800万人が利用可能となります。

 

 今回の大型受注については、当社の中国現地法人、東芝電梯(中国)有限公司が受注した案件です。今後も世界最大の昇降機市場である中国において、シンボリックな物件の受注活動を継続し、中国市場での更なる事業拡大を目指します。

 

 

1-2总平面图2000(低).jpg

 

本資料についてのお問い合わせ先:

東芝エレベータ株式会社 広報室TEL 044(331)7001