MENU

ニュースリリース

2009-09-14

新安全基準に適合した既設エレベーターのリニューアル工事を開始

 当社(社長:木村俊一 本社:東京都品川区)は、改正建築基準法施行令に規定された「戸開走行保護装置」に関する国土交通大臣の認定を取得したリニューアル市場向け標準形エレベーター(商品名:「ELFRESH」)を本日から出荷します。新商品ではエレベーターの戸開走行によるはさまれ事故や、地震によるエレベーターの閉じ込め事故を防ぐため、改正建築基準法施行令で規定された制動装置の二重化、戸開走行判定装置などの「戸開走行保護装置」に適合した製品を採用し、予備電源を設けた地震時管制運転装置の設置を標準化しました。また、省エネルギー性能やユニバーサルデザインをさらに向上させた新開発のLED照明、カラーユニバーサルデザイン認証を取得した液晶インジケータを採用しました。なお、これに合わせて当社では業界初となるCO2排出量の削減をサポートする「カーボンオフセットキャンペーン」を2013年3月末まで展開します。

1.リニューアル市場向け標準形エレベーターで改正建築基準法施行令適合の大臣認定を取得
 当社として4月末に大臣認定を取得し販売を開始した、新設市場向け標準形エレベーター「NewSPACEL-EX」をリニューアル市場向けに投入しました。さらにこのほど、既存の機械室を残した標準形エレベーターのリニューアル工事についても「戸開走行保護装置」に関する国土交通大臣認定を取得。平成21年9月28日から施行される「建築基準法施行令の一部を改正する政令」に適合したエレベーターのリニューアル市場への拡販を開始します。また最新のインバーター制御を導入し、スムーズな乗り心地と着床精度の向上が実現すると同時に、リニューアルに伴う高効率化による消費電力削減量が、ロープ式の場合に約60%、油圧式の場合は約70%となります。今後3万台を超えるリニューアル市場に対し新安全基準や高効率製品をご提供し、より安全性を高め、かつ消費電力を低減した商品を投入し年間500台の販売を目標とします。

2.カーボンオフセットサービスキャンペーン
 カーボンオフセットとは、CO2排出削減努力を行った上で、削減困難な排出量について他の場所での排出削減・吸収量でその全部又は一部を埋め合わせることをいいます。当社では排出量の削減を検討しているお客様や、既存の省エネルギー対策に限界を感じているお客様に対し、排出権を活用しCO2排出量をオフセットするカーボンオフセット付リニューアル工事のキャンペーンを行いお客様の環境配慮をサポートします。業界初となるカーボンオフセットエレベーターリニューアルをご採用頂ければ、エレベーターのリニューアル工事によって削減したCO2排出量に加え、カーボンオフセットを活用することにより最大で排出量を実質ゼロにすることも可能となります。本キャンペーンについては京都議定書第一約束期間終了日の2013年3月31日までとし、排出権の管理や日本政府口座への移転手続きは全て当社で代行いたします。
(カーボンオフセットに関するQ&Aはこちらです。)

3.「LED照明」を採用 
 リニューアルによって達成される消費電力の低減に加え、更なる省エネルギー効果をご提供するため、新しい「ELFRESH」では省エネルギー性能に優れたLED照明を採用した新開発の天井ラインアップとして、「LEDライン照明」(PRM-1:有償付加仕様)と「LEDダウンライト照明」(DLX-5B:有償付加仕様)(注1)を追加しました。LEDダウンライト照明では従来の蛍光灯照明に比べ、一灯あたり約80%の省エネルギー(注2)となりCO2排出量を削減、寿命も大幅に向上しました。LED照明の採用により、省エネ・長寿命・水銀フリーを実現し、旧機種から更新することにより環境負荷の低減にも貢献することが可能となります。

(注1)
今年4月に発売された、標準形エレベーター「NewSPACEL-EX」の意匠を採用しております。
(注2)一灯30Wの蛍光灯照明と比較しました。

4.「カラーユニバーサルデザイン認証」取得の液晶インジケータ
 先に発売をした新設市場向けエレベーター「NewSPACEL-EX」に採用した業界初となる「カラーユニバーサルデザイン認証」(注3)を取得した液晶インジケータをリニューアルにも採用。見やすさを一番に考え、7.5インチの大型液晶を採用し、誰にでも見やすいアニメーションによるドアの開閉案内や万一の地震・火災等による管制運転時にも大きな文字や目立つ色で表示します。
 さらに、かご内防犯カメラの画像をかご内及び乗場の液晶インジケータに表示(注4)させ、防犯対策としてご利用いただくことが可能です。

(注3) カラーユニバーサル認証とは、NPO法人カラーユニバーサルデザイン機構CUDO(http://www.cudo.jp/)にて、色弱者の方に実物を評価いただき、認証されるものです。
(注4)当社とのメンテナンス契約が必要です。

【新機能の体感について】

 当社では改正基準法施行令への理解を頂くため、新安全基準の体感シミュレーションや新安全基準を詳しく説明した模型やパネルを、リニューアル体験用移動型ショールーム「キャラバンカー」に搭載いたしました。 また、新開発のLEDライン照明、液晶インジケータ等の展示や、リニューアルでは重要な要素となる環境への取り組みについてのパネル展示を設けております。キャラバンカーについては出動要請に基づき全国各地へお伺いいたします。
注1:キャラバンカーを駐車する会場の確保と住民・近隣への告知が必要です。


【新製品の概要】

出荷開始日販売目標販売価格
2009年9月13日約500台/年間準撤去リニューアル工事~乗用・定員9人・速度60m/分・停止箇所7箇所の場合で概ね1,600万円(一部建築付帯工事については含まれておりません)

本資料についてのお問い合わせ先:

東芝エレベータ株式会社 広報室TEL 044(331)7001

お客様からのお問い合わせ先:

リニューアル事業部TEL 044(331)7031