MENU

ニュースリリース

2009-03-26

業界初 改正建築基準法施行令に対応するエレベーター新安全装置が体験できる「キャラバンカー」の全国訪問開始について

adcar.jpg


 当社(社長:木村俊一、本社:東京都品川区)は、今年9月に施行される改正建築基準法施行令に対応するエレベーターの新安全装置を利用者の皆様にわかりやすくご理解いただくため、業界で初めて同装置の体感シミュレーションを製作し「キャラバンカー(4tトラックを特殊改造)」に搭載、本年4月1日よりマンションや集合住宅等への全国訪問を開始します。

【背 景】
 近年のエレベーター戸開走行事故及び千葉県北西部地震時におけるエレベーター内の閉じ込め事故等を踏まえ、エレベーターの安全性の確保が求められてます。そうした中で、エレベーターの安全装置を強化し、戸開走行事故再発防止策及び地震防災対策を図るため、昨年9月19日に国土交通省から建築基準法施行令の一部を改正する政令が公布されました。
 改正建築基準法施行令(2009年9月28日施行)では、制御装置などに不具合が発生した場合にエレベーターの扉が開いたままかごが動かないようにする戸開走行保護装置の設置や、地震が発生した際にエレベーターを最寄階へ停止させ、乗客を降ろす地震時等管制運転装置の設置他が義務化されました。こうした新安全装置の設置義務化は新規に設置されるエレベーターを対象としているものの、当社としてはエレベーターをより安全・安心にご利用いただくため、既設エレベーターにおいても所有者・管理者の方々に最適な技術提案を行い、ご理解・ご採用いただくことが大変重要であると考えています。そのため、2005年10月に製作した移動型ショールーム「キャラバンカー」の展示内容を全面的に一新し、4月1日より全国訪問を開始します。


【主な特長】
1.改正建築基準法施行令に対応するエレベーターの新安全装置が体験できるエレベーターの実機シミュレーションを業界で初めて製作し、搭載しています。体験できる機能は、主要な新安全装置の「戸開走行保護装置」及び「制動装置二重化」、「地震時等管制運転装置」の3種類です。

2.キャラバンカーに搭載したエレベーターの実機シミュレーションでは、新安全装置の体験に加えて、エレベーターの正しい乗り方やエレベーター内での停電時の体験ができるエレベーターツアーを搭載しています。エレベーターツアーは、当社イメージキャラクター「エレべっち」が案内することで、お子さんから大人までファミリーで楽しみながら、エレベーターの正しい利用方法やエレベーターの各種機能を体感いただけます。

3.併設展示として「環境ブース」を設置し、当社の環境製品や環境活動をパネルなどでわかりやすくご紹介するとともに、エレべっちの環境クイズコーナーを設けて、楽しくご理解いただける内容となっています。

4.キャラバンカーの出動要請があれば、いつでも、どこでもお伺いします。(注1)
注1:キャラバンカーを駐車する会場の確保と住民・近隣への告知が必要です。


【展示内容】
1.体験ゾーン
エレベーターの実機シミュレーションを用いて、改正建築基準法施行令に対応するエレベーター新安全装置やエレベーターの正しい乗り方及びエレベーター内での停電時の体験ができるエレベーターツアーを搭載。また、リニューアル前後の乗り心地・省エネ、意匠などの新旧比較体験もできます。

2.新安全装置ゾーン
模型やTVモニター、パネルなどを用いて、主要な新安全装置の「戸開走行保護装置」および「制動装置二重化」、「地震時等管制運転装置」の3種類の機能を紹介しています。

3.環境ゾーン
併設展示として「環境ブース」を設置し、当社の環境製品や環境活動をパネルなどでわかりやすくご紹介するとともに、エレべっちの環境クイズコーナーを設けて、楽しくご理解いただける内容となっています。

4.意匠・天井ゾーン
標準形エレベーターの天井・床意匠(3種類)および液晶インジケーター(かご操作盤およびホールインジケータ・ボタン各1種類)の新デザインを展示します。さらに、ユニバーサルデザインを採用した意匠展示として、凸文字形状ボタンやひらがな併記ドア開閉ボタン、車椅子用の広角ミラー、手すりなどがご覧いただけます。