MENU

ニュースリリース

2007-11-15

第4回エコプロダクツ大賞(エコサービス部門)において「エレベーターのリニューアル」が経済産業大臣賞を受賞

 本日、東芝エレベータ株式会社(社長:下野政之、本社:東京都品川区)の「エレベーターのリニューアル」が、第4回エコプロダクツ大賞(エコサービス部門)経済産業大臣賞を受賞しました。エコプロダクツ大賞の受賞は、昇降機業界としては初めてです。
 同賞は、エコプロダクツ大賞推進協議会が主催し、環境負荷の低減に配慮したすぐれた製品・サービス(エコプロダクツ)を「エコプロダクツ部門」と「エコサービス部門」の2部門で構成し、各部門において、最もすぐれたエコプロダクツには後援各省(財務省、厚生労働省、農林水産省、経済産業省、国土交通省、環境省)の大臣賞(大賞)が授与されます。
 なお、表彰式は、12月13日(木)東京ビッグサイト(東京都江東区)において開催される「エコプロダクツ展(エコプロダクツ2007)」会場内で実施される予定です。


1.エレベーターリニューアルの概要
 近年、テナントビルやマンションなど建物の適切な資産維持、管理の必要性が求められている中では、計画的なリニューアルや修繕工事が非常に注目されており、昇降機設備においても資産価値の向上や省エネルギーの観点からエレベーターリニューアルの要望が益々高まっています。 エレベーターリニューアルの方式は、全撤去、準撤去(レール、つり合いおもり等は既存品を使用)、制御(かご、レール、釣り合いおもり、ホール等は既存品を使用)の大きく3種類に分類されます。  

2.エレベーターリニューアルの主な効果
 顕著なリニューアル事例である、既存の中低層ビルの多くに設置された「油圧エレベーター」を「ロープ式のマシンルームレスエレベーター」にリニューアルした場合、主な効果(省エネルギー効果・資源の有効活用・循環効果・社会意識の形成・その他の効果)は次のとおりです。

(1)省エネルギー効果
 油圧エレベーターは、エレベーターかごを油圧の力で直接上下させるため、多くの電力を消費しますが、マシンルームレスエレベーターではギヤレス巻上機を使用し、つるべ式にすることにより、消費電力を27%に低減できます。(73%減少)[住宅用9人乗り速度60m/分の場合 当社比]

(2)資源の有効活用
 油圧エレベーターでは、油圧ユニットを収めるため、専用機械室が必要になります。機械室面積は約4.6m2必要(住宅用9人乗り速度60m/分の場合)となりますが、マシンルームレスエレベーターでは機器を昇降路内に収めるので新たに機械室を建築する必要がありません。エレベーターをリニューアルすることで、油圧の機械室の機器は不要になり、機械室は他の用途に転用できます。また、天井照明に新型照明装置を使用することにより、照明装置の寿命は従来の蛍光灯の6,000時間から50,000時間と8倍に伸び、交換用品を大幅に削減しました。

(3)循環効果
 リニューアル方式としては、既設の機器を全て撤去する全撤去のほか、既設の出入口や三方枠を利用した準撤去にも対応しています。この場合、新設のかご寸法では昇降路に収まらない場合があるため、リニューアル専用のかごを開発しました。これにより、既存の用品が使用できる場合には、不要に交換することなく、既存の資源を有効活用できます。

(4)社会意識の形成
 マンションや集合住宅にお住まいの方々にエレベーターリニューアルの必要性をご理解いただくため、見て、触って、体感してもらえるエレベーター実機を搭載した移動型ショールーム「キャラバンカー」を製作、2005年10月より全国の客先を訪問しています。

(5)その他の効果
 油圧エレベーターは作動油(第4類第4石油類)を大量に使用し、定期的に交換・廃棄するので環境負荷が大きくなっていました。マシンルームレスエレベーターでは、作動油を使用せず、また巻上機もギヤレス巻上機を使用しているためギヤオイルも使用しないため、油の交換・廃棄が無く、環境負荷が極小化できます。また、油の臭気もなく、運転騒音も低減します。

3.「エコプロダクツ大賞」とは
 「エコプロダクツ大賞」は、すぐれたエコプロダクツを表彰することを通じて、エコプロダクツの供給者である企業等の取り組みを支援し、わが国におけるエコプロダクツの開発・普及の促進を図るとともに、エコプロダクツに関する正確な情報を需要者サイド(事業者、消費者等)に広く伝えることを目的に、平成16年から実施されているものです。
 エコプロダクツ大賞は、「エコプロダクツ部門」と「エコサービス部門」で構成され、各部門において、最もすぐれたエコプロダクツには後援各省の大臣賞(大賞)が授与されます。また、大賞に次いですぐれたエコプロダクツには、エコプロダクツ大賞推進協議会会長賞(優秀賞)が授与されます。また、中小企業から応募されたエコプロダクツを対象に、審査委員長特別賞(奨励賞)が設けられています。

本資料についてのお問い合わせ先:

東芝エレベータ株式会社 広報室TEL 044(331)7001