MENU

山手町パークマンション 静岡県浜松市

「しきい間すきま短縮」を全国ではじめて導入し、安全性を向上。

JR浜松駅から車で15分ほどの閑静な住宅街に、6階建ての山手町パークマンションがあります。建設・分譲から30年以上が経過し、2017年10月から11月にかけて油圧式エレベーターをリニューアル。
既存設備をできるだけ生かしつつ、最新のマシンルームレスエレベーター(スペーセルGRⅡ)に替える〈エルフレッシュ〉(準撤去リニューアル)を実施しました。また、「しきい間すきま短縮」を全国ではじめて導入されました。

  • エレベーター

  • マンション

  • 油圧式

  • 住宅用

  • 準撤去

PDFをダウンロード

仕様

物件名

山手町パークマンション

物件種目

分譲マンション

所在地

静岡県浜松市中区山手町

機種 形式 速度 台数

エレベーター

乗用9人乗り

45m/分

1台

リニューアルの経緯と課題

1

長期修繕計画に立って、2019年にリニューアルを計画。

2

補修部品の供給面の問題、市からの地震に備えた改善指導もあり、2年前倒しのリニューアルを決定。

3

エレベーターが1台しかなく、住民に高齢者が多いため、短工期が必須。

工期・スケジュール

しきい間すきま短縮

エレベーターと建物にある「すきま」を短縮します。

エレベーターと建物の間には、すきま(クリアランス)※があります。このすきま(クリアランス)に、かぎやカードなどを落としてしまう事例が、多数発生しています。また、ご利用者の方が、すきまに躓いたり、車いすの前輪や台車の車輪などが挟まるリスクもあります。そのようなリスクを「しきい間すきま短縮」で、軽減できます。
「しきい間すきま短縮」は、エレベーターのかごが乗り場に到着した際に、かごの下に設置したステンレス製のふさぎ板を乗り場側のしきい方向へスライドさせることにより、すきまの短縮化を行います。

効果

  • ●すきまが少なくなることで安心して乗り降りできます。
  • ●すきまにかぎやカードなどを落とす心配が少なくなります。

※建物の状況により、しきい間すきまの距離が変わります。

しきい間すきま短縮ページ

〈エルフレッシュ〉油圧式エレベーターリニューアル(準撤去リニューアル)

油圧式エレベーターは、高さ制限や日陰規制、屋上に重いマシンルームを設置できないなどの制約がある集合住宅に採用されてきました。重量物の搬送に適していますが、「動きが遅い」「段差が気になる」「電気代がかかる」という声も聞かれます。
1998年に東芝エレベータが国内初のマシンルームレスエレベーター(ロープ式)を発売し、油圧式エレベーターのロープ式エレベーターへのリニューアルが可能になりました。〈エルフレッシュ〉油圧式エレベーターリニューアルには、全撤去リニューアル(標準工期30~40日)と、旧設備を活用する準撤去リニューアル(標準工期25~30日)があります。
山手町パークマンションでは、乗り場の三方枠、敷居を残し、巻上機、制御盤、かご室などを最新機種に取り替える準撤去リニューアルを実施。また、乗り場ドアも残すことで、工期を短縮しました。地震時にエレベーターを最寄り階に止める「地震時管制運転装置」、乗り降りの際にエレベーターと建物のすきまを短縮する「しきい間すきま短縮」を導入、最新の制御盤導入で可能となった「遠隔保守監視システム(スーパーTERM)」も採用されています。

乗り場の三方枠、敷居乗り場ドアを残し、巻上機、
制御盤、かご室などを最新機種に交換

“乗り心地がよく、低消費電力、地震時の安心感などで、資産価値が向上”

山手町パークマンションでは、建設から30年を超え、長期修繕計画を立てて水回りなど諸設備のリニューアルを行っています。
私は、自動車会社の油圧技術者でしたから、油圧式エレベーターのよさを理解しており、機能的にも問題はないと考えていました。2019年にエレベーターのリニューアルを計画していましたが、エレベーターのタイプが古く補修部品の供給がストップするおそれがあったのと、耐震基準にあった安全装置がなく市から東海地震に備えた改善指導を受けたこともあって、早めにリニューアルを行う必要に迫られてきました。
そんなとき、東芝エレベータさんから〈エルフレッシュ〉油圧式エレベーターリニューアルの提案をいただき、よい機会だと考え、24世帯の組合員に諮って前倒しで実施することにしました。一番の不安は、エレベーター設備全体が劣化していないかということでした。調査の結果、基本設備は十分な耐久性を維持しており、健全な三方枠や敷居乗り場ドアを残すことで、標準より短い21日間の工期で、かつ費用も抑えられるとうかがい、安心しました。
そうはいっても、私を含め60代、70代の居住者が多いので、エレベーターが3週間も停止するのは大ごとです。4か月前に告知をして、重い荷物は事前に搬入・搬出いただくようお願いしました。
工事中は毎日のように現場に立ち会いましたが、工事の段取りもスムーズで問題なく、結果的に20日で完了しました。
解体された油圧式エレベーターの部品を見ましたが、メンテナンスがよくしっかりしていましたね。
乗り心地がよく、エレベーターと建物にあるすきまも短縮されて評判は上々です。消費電力も大幅に下がり、地震時の安心感も高まりました。遠隔保守監視システムにより定期点検も3か月に1回になりました。マンションの資産価値という点でも、日々利用するエレベーターが一新されてよかったと思っています。

山手町パークマンション
管理組合理事長
河村 貞雄 様