MENU

六本木ヒルズ森タワー 東京都港区

LLロビー階・ダブルデッキエレベーターホール

最高水準の技術を結集した世界に誇る先進のランドマークタワー誕生

03年4月にグランドオープンした国内最大級の市街地再開発「六本木ヒルズ」、そのシンボルとなるのが地上54階建ての超高層ビル「六本木ヒルズ森タワー」。ショッピングや食事などのテナント階のほか、オフィスやカルチャー施設が設けられています。中でも52、53階に設けられた森美術館は、現代アートを中心に建築、デザイン、ファッション等を紹介する文化的拠点として期待を集めています。昇降機設備設計も豪華で格調高さが求められました。ここでも東芝の昇降機設備は活躍しています。特に階間調整機能付ダブルデッキエレベーターが注目を集めています。

  • エレベーター

  • オフィス

  • 関東

  • オーダー形

  • 不燃木仕上げ

  • カラーステンレス

  • 2000年代

PDFをダウンロード

仕様

物件名

六本木ヒルズ森タワー

施主

六本木六丁目地区市街地再開発組合

設計・監理

森ビル株式会社、株式会社入江三宅設計事務所

施工

大林・鹿島共同企業体

LLロビー階・ダブルデッキエレベーターホール

ダブルデッキエレベーター・かご室

建物外観

ダブルデッキエレベーター・乗り込み説明画面

ダブルデッキエレベーター・天井

機種 形式 速度 台数

エレベーター

乗用22人乗り
(階間調整機能付ダブルデッキ)

360m/分

6台

乗用15人乗り

105m/分

5台

乗用15人乗り(展望用)

105m/分

2台

乗用15人乗り

90m/分

2台

乗用11人乗り

60m/分

1台

エレベーター

S1000-TD-S-5240

3台

S600-TD-S-5300

2台

S600-TD-S-5240

2台

S600-TD-S-4915

2台

S600-TD-S-4815

4台

S600-TD-S-5800(35°)

2台

S600-TD-S-4600(35°)

2台

S600-TD-S-4300(35°)

2台

ダブルデッキエレベーター仕様
LL、UL階5、6階のりば

三方枠:ステンレス製小枠バイブレーション仕上げ

幕板:建築側工事

のりば戸:ステンレス製バイブレーションエッチング仕上げ

他階のりば

三方枠:ステンレス製小枠ヘアライン仕上げ+鋼板製付枠単色塗装仕上げ

のりば戸:鋼板製単色塗装仕上げ

かご室

側板:化粧シート+ステンレス製ヘアライン仕上げ(光ファイバー照明付)

かご戸:ステンレス製ヘアラインエッチング仕上げ

幕板:ステンレス製ヘアライン仕上げ

照明:光天井

5512400

事例一覧へ戻る

製品情報はこちら

製品情報はこちら

BIMパーツ・ツール/CADデータが無料でダウンロードできるお役立ち会員サイト