MENU

横浜市LED防犯灯ESCO事業 神奈川県横浜市

ESCO事業を活用し、約11万8000灯の防犯灯を11ヶ月の工期でLED化。

平成26年度の防犯灯整備について、自治会・町内会の維持管理費の負担減と地球温暖化対策などの側面から、ESCO事業を導入し、LED化を実施しました。

  • 自治体

PDFをダウンロード

ESCO事業の活用

仕様

対象工区

A工区/鶴見区、神奈川区、西区、中区、保土ヶ谷区、緑区、青葉区、都筑区
B工区/南区、港南区、旭区、磯子区、金沢区、戸塚区、栄区、泉区、瀬田区

導入設備

A工区/LED照明×約60,000灯(東芝製)
B工区/LED照明×約58,000灯(東芝製)

完成

平成27年2月

実施内容

照明設備

市内にある約183,000灯の防犯灯のうち約118,000灯を東芝製LED防犯灯に更新。

LED防犯灯

蛍光灯防犯灯

LED防犯灯

効果

鉛直面照度(路面から1.5mの高さで人の顔に対する照度)は平均で約5倍、
水平面照度(路面に対する照度)は平均で約6倍になり明るさが広範囲に拡大しました。

省エネ効果

消費電力削減率

約54.5%

CO2削減率

約54.5%