東芝エレベータの災害対策

東芝エレベータの災害対策

エレベーターを利用していなかった場合

ご利用者さまの場合

地震発生直後にエレベーターが動いていたとしても避難には“絶対に”利用しないでください。センサーが揺れを感知したり、停電や故障などでエレベーターが緊急停止し、エレベーター内に閉じ込められる可能性があります。

ご利用者さまの場合

管理者さまの場合

運行管理者の方は、エレベーターの中に閉じ込められている利用者がいないか、エレベーター用インターホンで確認してください。地震の発生と同時に電話がつながりにくくなりますが、連絡がなくてもフィールドエンジニアが点検に向いますので、到着するまでお待ちください。

管理者さまの場合

エレベーターをご利用中の場合

まずはじめに

揺れを感じたら、全ての行き先階ボタンを押し、最初に停止した階で降りてください。

まずはじめに

地震時管制運転が作動中の場合

揺れを感じると自動的に最寄階に停止し、ドアが開く安全装置が付いているエレベーターもあります。かご内に下記の管制表示灯が表示されます。
『地震管制運転中』ドアが開いたら、エレベーターから降りてください。かご操作盤  液晶インジケータ 表示の例

地震時管制運転が作動中の場合

のりばにエレベーターの運転状況を表示

管制運転や自動診断運転などを行っている場合、現在のエレベーターの運転状況をのりばインジケータ・ボタンにスクロールして表示します。また、保守点検中や弊社サービス情報センターとの連 絡状況も表示できます。 のりば 液晶インジケータ 表示の例

地震時管制運転が作動中の場合

閉じ込められた場合

かご室内にあるインターホンで通報してください。無理に脱出をしようとすると大変危険です。エレベーターは必ず外部と連絡がとれるような装置(インターホン)が付いていますので、状況を正確に通報し、外部の救助をお待ちください。

閉じ込められた場合

停電時の場合

停電などによってエレベーターが停止した場合は、非常用照明が点灯しますので、かご内が真っ暗になることはありません。法令では30分間以上の点灯が定められています。

停電時の場合

このページのトップへ

大規模災害が発生しましたら、直ちに災害復旧対策本部を設け、フィールドエンジニアを緊急動員し、復旧対応に急行すると共に、昼夜をとわず復旧作業に努めさせていただきます。また、現場への出動は、閉じ込めが発生した場所と人命および、社会的に影響の大きい公共建物(病院・福祉施設・学校など)を最優先することにしております。

緊急時の対応

東芝エレベータ独自の緊急時対応・災害対策

このページのトップへ

お問い合わせ
  • 電話・FAXでのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ
  • よくあるご質問