改修
災害対策(エレベーターアップグレードプラン)

地震や火災などの非常時に備え、利用者の無事を最優先に考えました。
耐震効果を強化する工事など改修でエレベーターの安全性を高めます。

P波感知器付地震時管制運転

地震にはP波(初期微動)と振動エネルギーの大きいS波(本震)があり、P波を感知した時点でS波が来る前に、エレベーターを最寄階に停止させ、ドアを開いて乗客を避難させます。さらに一定以上の揺れ(低Gal)を感知した場合には運転を休止しますが、S波が小さい場合には通常運転に戻ります。またP波が小さく、S波を感知した際にも管制運転が働きます。

P波感知器付地震時管制運転

このページのトップへ

地震時管制運転

機械室の地震感知器が一定値を超える振動エネルギーのS波を感知して動作すると、かご内の管制表示灯が点灯、最寄階に停止してドアが開き、地震による利用者の閉じ込めやエレベーター機器の損傷等を最小限に食い止めます。フィールドエンジニアの到着後、安全を確認し復帰します。最新のエレベーターではリスタート機能により、地震時管制運転中に安全装置が作動した場合、運転をいったん中止しますが、安全装置の復帰が確認できると管制運転を再開します。

地震時管制運転

このページのトップへ

防災キャビネット

エレベーターのかご室内部に、エレベーター用防災キャビネットを設置し、万が一エレベーター内に閉じ込められた場合も、復旧まで落ち着いて待つことができます。
※エレベーターの仕様により設置できない場合がございます。予めご了承ください。
詳しくはこちら

防災キャビネット

このページのトップへ

緊急救出運転機能

リスタート機能が働かない強い揺れを感知して停止した場合でも、安全装置の復帰が確認されれば、管理者が安全を確認しながらインターホンを通じて乗客にエレベーター操作の指示を行い、最寄階まで運転、避難させることができます。

光電管式ドアセフティ

このページのトップへ

自動復旧運転機能

スーパーTERM(遠隔監視メンテナンス)契約の遠隔監視保守機能を利用し、地震による運転休止を約30分で仮復旧運転します。この機能は、フィールドエンジニア到着までの間、エレベーターの運転を仮復旧させることが目的ですので、通常の運転を行うには、フィールドエンジニアによる点検が必要です。※弊社とのスーパーTERM(遠隔監視メンテナンス)契約が必要になります。

自動復旧運転機能

このページのトップへ

停電時自動着床装置(トスランダー)

停電が発生すると、電源は専用バッテリーに切り替わり、階の途中にあるエレベーターを速やかに最寄階に着床させます。

停電時自動着床装置(トスランダー)

このページのトップへ

自家発電管制運転装置

停電時などの場合、建物の自家発電機により、自動的にエレベーターを避難階に呼び戻します。その後は、自家発電機の容量に適応した通常運転を行います。

自家発管制運転装置

このページのトップへ

火災時管制運転装置

万が一火災が発生した場合、管理室で火災管制スイッチをいれるだけで管制運転がスタート。すべての呼び登録をキャンセルし案内表示灯を点灯させて避難階に直行します。利用者がかご内に閉じ込められる事態を未然に防ぎます。

火災時管制運転装置

このページのトップへ

ピット浸水管制運転装置

万が一昇降路内に水が流れ込んだ場合、ピットに設置されているスイッチが感知すると最下階への運転を中止し、最下階のサービス切り離し運転を行います。
※管制運転を解除するためには、フィールドエンジニアによる保守点検が必要になります。

ピット浸水管制運転装置

このページのトップへ

耐震対策

耐震対策とは、地震時管制運転装置や脱レール防止対策、各部の補強対策、ロープ外れ防止など、実績のある対策項目を豊富にラインナップしています。

耐震対策

このページのトップへ

お客さまの機種により標準装備またはご利用いただけない場合がありますので、詳細は弊社営業担当に お問い合わせください。

このページのトップへ

エレベーター機能・オプション ラインナップ

安全性

  • 災害対策
  • 災害対策 非常時の安心・安全のための機能です。

快適性

  • リフレッシュ
  • リフレッシュ 制御盤・操作盤のリフレッシュ工事のご紹介です。
  • 効率運転
  • 効率運転 スムーズに運転するための機能です。
  • 利便性
  • 利便性 日常の安心、安全のための機能です。

このページのトップへ

お問い合わせ
  • 電話・FAXでのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ
  • よくあるご質問