ニュースリリース

2016-11-01

「住友不動産六本木グランドタワー」に国内最大となる90人乗り大型エレベーターを納入

東芝エレベータ株式会社(社長:松原和則、本社:神奈川県川崎市)は10月1日にグランドオープンした「住友不動産六本木グランドタワー」に、乗用タイプとして国内で最大の定員・積載量となる90人乗り、毎分300mの大型シャトルエレベーター4台を含む合計43台の昇降機を納入しました。

 

住友不動産六本木グランドタワーは、オフィス棟のほか、住宅棟、カンファレンスセンター、店舗が隣接する六本木の新しいランドマークプロジェクトで、東京メトロ南北線六本木一丁目駅に直結した地上43階、地下2階の高層オフィスビルです。利用者が多い大規模高層ビルの輸送効率を上げるため、90人乗りの大型シャトルエレベーター4台を設置し、1階、4階、29階を往復することによりビル内の大量輸送を可能としました。定員90人のエレベーターはかご内の床面積が10.55㎡、畳6.8畳分に相当するかごの大きさです。このシャトルエレベーター4台を活用することにより、10分間で約1000人のご利用者を上層階に運ぶことができます。

 

また納入した一部のエレベーターはBCP対応として地震時の自動復旧運転機能が備わっております。従来、地震によりエレベーターの運転が休止した場合、復旧にはフィールドエンジニアによる点検が必要でした。現在は、自動復旧運転機能*を採用することにより、地震後自動で診断運転を行いエレベーターの運行に支障がないと判断した場合は、フィールドエンジニアの到着を待たずに仮復旧運転が可能となりした。

*本機能はフィールドエンジニア到着までの間、エレベーターの運転を仮復旧させることが目的となり、通常の運転に復帰させる場合はフィールドエンジニアによる点検が必要となります。また、仮復旧までの時間は建物の状況により異なります。

 

当社は同地区に隣接する泉ガーデンタワー(2002年竣工)に、当時乗用タイプとして最大級の容量となる75人乗りの大型シャトルエレベーターを納入しています。それらの実績と経験を活用・応用し、この度90人乗りエレベーターを開発しました。近年、国内外の市場で多くの高層ビルが建設されるなか、従来に増して建物内で利用者が効率的に移動するための高速・大容量エレベーターが重要となっています。建物内で最適な動線、そして快適な移動空間を提供するため、今後も高速・大容量エレベーターの技術向上に注力していきます。

 

●90人乗り大型シャトルエレベーター仕様

 

定員:90人

積載量:5,900kg

定格速度:毎分300m

かご内床面積:10.55㎡

かご内寸法:幅 3.35m × 奥行 3.15m

 

 

写真1.jpg

 

写真2.jpg

本資料についてのお問い合わせ先:

東芝エレベータ株式会社 広報室TEL 044(331)7001

以上

このページのトップへ
お問い合わせ
  • 電話・FAXでのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ
  • よくあるご質問